在籍確認はカードローン利用では必ず必要となる手続き

避けては通れない確認

避けては通れない確認

カードローンの申込み時には必ず在籍確認が行われます。申込者が申告した職場に本当に在籍しているかを、カードローン会社は必ず確認します。疑われているようでいい気はしないでしょうが、これはカードローン申込者全員に対して行われます。

 

実際の在籍確認は主に電話で行われます。そのため、在籍確認の電話がきっかけでカードローンの利用が会社にばれないか心配する人は多いです。多くの申込者が嫌がるにも関わらず在籍確認が行われるのは、現在働いているかどうかが、融資の上で非常に重要だからです。

 

担保や保証人不要で借入れ可能なカードローンの場合、返済の当てがない人への融資を行うわけにはいきません。現在収入がない無職の人に融資をするわけにはいかないのです。

 

そして、中には本当は働いていないのに、審査に通るために嘘の申告をする人もいます。カードローンの契約には正当な申込者もいれば、不正契約を企んでいる人もいます。返済能力がない人や、架空の申告による申込者への融資を行わぬよう、在籍確認で本人の確認をとるのです。

 

在籍確認が電話で行われるのは、リアルタイムで在籍しているかを確認する、一番確実な方法だからです。例えば社会保険の保険証や過去の給与明細では、失業直後ではないという証明にはなりません。電話で本人に繋がれば、間違いなく今現在在籍しているという証明になるので、在籍確認は電話で行われるのです。

 

必ずしもできるわけではありませんが、プロミスでは通常は電話で行う確認も、書類によって済ませてくれる場合があります。必ずしも希望通りとなるわけではないので注意が必要なので、詳しい手続きの進め方はプロミス審査の流れで見ておきましょう。