在籍確認はカードローン利用では必ず必要となる手続き

在籍確認はカードローン利用では必ず必要となる手続き

カードローンで重要な在籍確認

カードローンの審査を進める上で重要となるのが、在籍確認です。主に勤務先に連絡をして在籍をしているかの確認をするものとなりますが、なぜそのようなことが必要なのか疑問に感じるかもいるかもしれません。

 

 

申し込み時には勤務先の入力をしており、さらには本人確認書類やその他の必要書類についても提出をしています。それだけで確認が十分じゃないかと思うかもしれませんが、中には悪いことを考える人がいるために在籍確認が必須となってしまっているのです。

 

悪いこととは「虚偽の記載」や「書類に偽造」です。既に退職をしている勤務先を入力してみたり、本人確認書類をオンライン上での提出ができるために小細工をして出したりします。これでは業者側も大きなリスクがありますので、在籍確認による手続きは必須となっているのです。

 

在籍確認を詳しく知る

カードローンの申込み時には審査がありますが、その際に必ず行われるのが在籍確認です。在籍確認とは、申告された職場に本当に在籍しているかどうかの確認です。

 

具体的には、在籍確認のほとんどは職場への直接の電話によって行われます。カードローン申込者に電話に代わってもらえれば、確かに職場にいるという証明となります。もしも電話に出られなくても、不在や本日欠勤などの報告がもらえれば大丈夫です。これでも在籍している証明となるので、必ずしも本人が出ないといけない訳ではありません。

 

何故在籍確認が必要なのか

カードローンを契約できるかどうかは、その人の返済能力によって決まります。収入がなければ返済のしようがないので、働いているかどうかはとても重要です。カードローン申込者の中には、実際には働いていないのに、嘘の申告をして審査を通そうという人もいます。そのため、本当に働いているかどうかを確認する必要があります。

 

在籍確認のほとんどが電話で行われますが、職場への電話を嫌がる人の方が多いです。電話をかけなくとも、給与明細などを提出すれば間違いがないと思う人もいるでしょう。

 

しかし、給与明細の場合、失業直後であれば働いているかどうかを証明はできません。実際に職を失ったからカードローンを利用したいという人もいるので、現在確実に働いているかどうかを確認する必要があります。

 

在籍確認で職場にばれないのか

在籍確認が電話で行われるにあたり、自分以外の職場の人間が電話に出る可能性は十分に考えられます。それがきっかけで、職場内でカードローンの利用が知られるのを気にする人は多いです。

 

これについては、在籍確認の電話口で、本人以外の人が出てもばれないように配慮はなされます。まず、カードローンはもちろん、社名も名乗らず、個人名でかけてきます。「鈴木と申しますが○○さんはいらっしゃいますか?」といった具合です。

 

本人に代わった後も長々と話があるわけではありません。在籍の確認がとれればいいので、すぐに電話は終わります。

 

在籍確認が嫌な場合

電話がきっかけで職場にばれるのが、どうしても心配な人もいます。また、職場への電話が繋がらない、個人情報保護の観点から全く確認がとれない、というケースもあります。こういった場合には、電話での在籍確認無しで申込みできるカードローンも少数ですがあります。

 

一例を挙げるとモビットです。モビットのWeb完結による申込みの場合、書類提出のみで在籍の確認も終わります。ただしモビットのWeb完結は在籍確認がないわけではなく、電話連絡が無いだけです。在籍確認は別の方法で行われていますので、モビットの利用時にはモビットの審査確認方法を見ておきましょう。

 

職場が無い方が借りる場合

専業主婦が配偶者に安定収入で銀行のカードローンを利用するなどの場合には、勤務先が無いために電話の連絡もありません。自宅の固定電話があれば確認の連絡が入ることもありますが、本人以外の配偶者の勤務先に連絡をして確認をするといった手続きは行いません。

 

ただ、消費者金融などの貸金業者で配偶者貸付によって借りる場合には別となりますので、専業主婦がお金を借りるなら配偶者の同意不要となる専業主婦用のカードローンを使うと良いでしょう。